top of page
検索
  • ANTIAGINGCELL.NET

テロメアと免疫システムの関係

更新日:2021年6月17日

テロメアの長さは細胞の寿命に密接に関係し、短いテロメアはその細胞の死もしくは老化を示すということはもうお分かりだと思います。


今回は免疫系細胞とテロメアの関係についてお知らせ致します。


免疫系細胞は、テロメアの長さに関して非常に敏感です。これは免疫の力がT細胞やB細胞の数と直接関係しているからです。また、免疫系の細胞は非常にユニークで、自身でテロメア伸長酵素のテロメラーゼを増加させ、テロメアの減少を防いだりします。

テロメアの長さについては、もともと持って生まれたものもあり個人差があります。 遺伝等によるテロメアの短さというのは、免疫細胞である、CD4+, CD8, Tリンパ球、Bリンパ球、モノサイト、ナチュラルキラー細胞などの数に表されています。


免疫老化は、抗原への露出や酸化ストレスにより引き起こされた免疫システムの変化によりもたらされます。 老化に伴い適応免疫力が落ちていくのですが、これはナイーブTやB細胞の減少、またTリンパ球やBリンパ球の絶対数の減少によるものです。 にもかかわらず、まあ 人間の免疫系のシステムというのは基本的によく保護されているものです。 

90歳や100歳代の方々の免疫システムは驚異的にうまくいっており、非常にシステマティックに機能しております。 



TA65MDは現状のテロメアの保持、または改善のお手伝いを致します。 商品は臨床実験により裏付けされており、医薬品レベルの品質を誇っております。

閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示

テロメアについて、復習

テロメア:不老不死の鍵か、ただの生物学的時計か? テロメアは、私たちの細胞の染色体の端に存在するDNAの繰り返し配列で、細胞分裂のたびに少しずつ短くなります。この現象は、私たちの「生物学的時計」として機能し、老化のプロセスと密接に関連していると考えられています。 テロメアと老化の関係 テロメアの長さは、細胞の寿命を決定する重要な要素です。短いテロメアは、細胞の老化や死を引き起こす可能性がありますが

Comments


bottom of page