top of page
検索
  • ANTIAGINGCELL.NET

TAサイエンス社、共同研究者ドクター・ラファエルの紹介

更新日:2021年6月17日

今回はTA65MDのメーカ―であるTAサイエンス社の共同研究者・ドクターラファエルをご紹介したいと思います。


ファンクショナルメディシン(FUNCTIONAL MEDICINE:FDAや国からの認可は無いが非常に有益な効果等をもたらしている薬や成分に注目し、患者の皆さんの治療に利用している)というフィールドで活躍するドクター・フィッツジェラルドとの対談方式になっております。 全部英語なのですが、冒頭はドクター・ラファエルの経歴についての紹介です。

その後、ドクターの研究/治療の中心である、テロメア・テロメラーゼについて述べられております。 現時点でTA65MDがいかに有益な結果を出しているかという点が非常に興味深いものです。 

アンチエイジングという言葉を聞いたときに、すぐに美容的なことを思い浮かべがちですが、テロメア伸長・テロメラーゼ活性化では循環器系に対する効果が強調されております。


また、これはドクター・ラファエルの独自の研究のようですが、テロメアがどれくらいの長さを示しているのかというバイオマーカーを利用したアプローチが紹介されております。

これを利用しドクターと患者の皆様が相互にまた客観的に改善を目に出来るという画期的なソフト*システムも紹介されております。


TA65MDはFDAの認可こそありませんが、医薬品のようなレベルでの研究開発が進められております。最近ではテロメア伸長を安易に謳った他社製品もよく目にしますが、これは主成分のオウギ(アストラガルス)だけを含んでいるような場合が多いです。 

TAサイエンス社のような臨床実験を重ねているとは思えないケースが多いですので、十分にご注意ください。 


下記に対談の音声を聞けるサイトを添付しておきます。

また、サイト内で、ドクターたちが紹介もしくは参照にして欲しいものもリンクされておりますので、どうぞご参考ください。


閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示

テロメアについて、復習

テロメア:不老不死の鍵か、ただの生物学的時計か? テロメアは、私たちの細胞の染色体の端に存在するDNAの繰り返し配列で、細胞分裂のたびに少しずつ短くなります。この現象は、私たちの「生物学的時計」として機能し、老化のプロセスと密接に関連していると考えられています。 テロメアと老化の関係 テロメアの長さは、細胞の寿命を決定する重要な要素です。短いテロメアは、細胞の老化や死を引き起こす可能性がありますが

Commentaires


bottom of page