top of page
検索
  • ANTIAGINGCELL.NET

TA65MD テロメラーゼ活性化サプリメントの肝臓に対する好影響について

テロメア伸長サプリメントブランドの第一人者であるTA SCIENCES社の継続的な研究/実験結果がまた新たに入りましたので、ご紹介いたします。 (これは人体実験ではなくまだマウスでの研究段階のようです)


肝臓ガン、肝不全や肝硬変は、主な現代病の一つで未だはっきりとした治癒の方法が見つかっていない病気でもあります。 ストレス、ウイルス、アルコール、過食、不規則な生活、運動不足等が原因とされているのですが、慢性的に肝臓がダメージを受けた時、それを治癒する反応として肝線維化という現状が起こります。 繊維細胞はコラーゲンで生成されており、この線維化が進行すると肝硬変、肝臓がんとつながっていくことになります。 

新たな研究結果では、TAサイエンス社で独自にブレンドされたTA65MDの主成分(CYCLOASTRAGENOL)が、この肝線維のコラーゲン蓄積を減らすという結果をもたらしたそうです。 

さらなる研究は必要みたいですが、完全治癒薬開発の突破口となることを期待しています。

TA65MDの様々な効果に驚かされるばかりです。




閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示

テロメアについて、復習

テロメア:不老不死の鍵か、ただの生物学的時計か? テロメアは、私たちの細胞の染色体の端に存在するDNAの繰り返し配列で、細胞分裂のたびに少しずつ短くなります。この現象は、私たちの「生物学的時計」として機能し、老化のプロセスと密接に関連していると考えられています。 テロメアと老化の関係 テロメアの長さは、細胞の寿命を決定する重要な要素です。短いテロメアは、細胞の老化や死を引き起こす可能性がありますが

Comments


bottom of page