検索
  • ANTIAGINGCELL.NET

TA65MDによる免疫力アップ

最終更新: 2020年12月20日

近年の研究によりテロメアが短い人は病気になりやすいということですが、これは老化した細胞が細胞分裂を行えなくなり本来果たすべき役割がなされず、炎症を起こしたり免疫力が落ち、体がバクテリアやウイルスに負けてしまい病気になるということなのです。


現在世界中を震撼させているコロナウイルス(COVID 19)ですが,いまだワクチンが作られておらず死亡者も増え続けているようです。しかし現時点でも私たち一人一人にも出来ることはあるのです。 必要以上に怖がらず、きちんとした除菌/ウイルス対策を取り自己の免疫力を高め十分に準備しましょう。

暴飲(アルコール)、暴食、睡眠不足等を避け、ストレスの無い生活を心がけましょう。

といっても現代社会でストレスフリーという訳にはなかなかいきません。 せめて睡眠だけでも十分に取りましょう。 これだけでもテロメアが短くなるをの防ぐことになります。

体が弱っているとテロメアが短くなるのか、テロメアが短くなると体が弱るのか(もしくは同時なのか)、実際どちらが先に来るのか分かりませんが、テロメアを伸ばし細胞をフレッシュにし免疫力を高めておきましょう。


下記にTAサイエンス社が行った免疫についてのプラセボ実験/研究がありますので、下記添付しておきます。(英語になります)

免疫をつかさどるキラーT細胞の数に着目したもので、老化したキラーT細胞の数がどれだけ減少させることが出来るかというものです。 

結論はかなりの数の減少に成功しており、結果免疫力の向上につながったと言えます。

(TAサイエンス社ではUCLA等でしっかりとした臨床実験を行っております)








19回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

テロメアと大脳皮質の関係! Cellular aging is linked to structural changes in the brain

今回は細胞の老化と脳組織の変化という記事についてご紹介いたします。 サイエンスデイリーという最新医学情報を簡単に説明しているサイトがあるのですが、そこで大脳皮質のテロメアに関係がある、もしくは関連性が見られるという記事がありました。 紹介されている臨床実験は、治験者のテロメアの長さと大脳皮質の厚さを数か月間隔で調べるというものです。 結論から言うと、テロメアの長さが短くなれば、大脳皮質も同様に薄く

お問い合わせ

ANTIAGINGCELL.NET

WISEMAN-CONWAY, LLC.

PO BOX 58079

SEATTLE, WA 98138

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​電話:425-435-3870 (米国)

wiseman@antiagingcell.net

 

© 2023 by PURE. Proudly created with Wix.com