top of page
検索
  • ANTIAGINGCELL.NET

TA65と喫煙の害について

TA65と喫煙/タバコについての記事がネイチャー誌に紹介されたそうですので、下記に簡単に翻訳したものを掲載いたします。



TA-65はタバコの害から守る可能性があります

動物実験

ネイチャー誌に掲載


Nature の最新版で、テロメラーゼ活性化因子 TA-65 が煙から肺を保護できることを示したデータが紹介されました。  喫煙を避けることは常に推奨されますが、これは肺を保護するという希望にもなります。


小気道リモデリング (SAR) は、喫煙者の気流閉塞の重要な現象であり、慢性閉塞性肺疾患 (COPD) につながります。 SARにより、小さな気道壁の厚さが増し、空気の取り込みが減少します。


4 週間喫煙にさらされると、マウスに SAR が誘発され、粘液の過剰産生を伴わない小さな気道壁の肥厚と細気管支周囲の線維化が特徴でした。

データは、タバコの煙によって誘発される SAR が、テロメラーゼの薬理学的活性化因子である TA-65 によって防止されることを示しています。





閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

テロメアについて、復習

テロメア:不老不死の鍵か、ただの生物学的時計か? テロメアは、私たちの細胞の染色体の端に存在するDNAの繰り返し配列で、細胞分裂のたびに少しずつ短くなります。この現象は、私たちの「生物学的時計」として機能し、老化のプロセスと密接に関連していると考えられています。 テロメアと老化の関係 テロメアの長さは、細胞の寿命を決定する重要な要素です。短いテロメアは、細胞の老化や死を引き起こす可能性がありますが

Comments


bottom of page