検索
  • ANTIAGINGCELL.NET

話題のNMN(ベータ・ニコチンアミドモノヌクレオチド)について

最終更新: 3日前

今回は少し前から話題になっているNMN (β-nicotinamide mononucleotide/ベータ ニコチンアミドモノヌクレオチド)について触れてみたいと思います。


このNMNですが、もともとは人間の体内に存在し生成される物質でブロッコリーや枝豆等にも含まれるような成分なのです。 さてこの成分が何をするのかということですが、サーチュイン遺伝子を活性化し、また、細胞のエンジンであるミトコンドリアにエネルギーを供給します。 ミトコンドリアが元気だと、細胞分裂/細胞の修復もスムーズに行われ、若々しい細胞を保つことが出来るのです。サーチュイン遺伝子の活性化により、テロメアに関してもよい影響をもたらします。


体内でのNMN生成能力は加齢とともに減少していきます。 NMNの役目は基本的にミトコンドリアへのエネルギー供給ということなのですが、最新の研究でこの減少したNMNをサプリメントで補おうということなのです。 


マウス等を使った実験では非常にポジティブな結果が出ているようです。 2015年に放送されたNHKスペシャル「ネクストワールド 私たちの未来 ―第2回 寿命はどこまで延びるのか―」等のテレビでも特集されているようです。

実際に服用されたお客様の意見も総じてポジティブなものが多いです。

近々当ウェブサイトでも取り扱ってみたいと思います。


10回の閲覧

お問い合わせ

ANTIAGINGCELL.NET

WISEMAN-CONWAY, LLC.

PO BOX 58079

SEATTLE, WA 98138

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​電話:425-435-3870 (米国)

wiseman@antiagingcell.net

 

© 2023 by PURE. Proudly created with Wix.com