検索
  • ANTIAGINGCELL.NET

免疫強化:免疫の老化とテロメア

最終更新: 2020年12月20日

今回はTA SCIENCE 社からのリリースを翻訳したいと思います。


STAGE 1: テロメア

テロメアは細胞のDNAの先端にある保護キャップのようなものです。このテロメアは老化とともに短くなり、細胞の老化につながります。 体の細胞には92ものテロメアがあり、これらがライフスタイル、栄養、エクササイズ、習慣、ストレス等に関連した生物学的な老化を示しております。


STAGE 2: テロメア短縮

テロメアの短縮は免疫力の低下をまねき、アルツハイマー病、糖尿病、循環器系疾患というような病気を引き起こします。 これはテロメアの短縮が細胞の老化を意味し、体内の組織や内臓等の老化をもたらし正常に機能しなくなるということにつながります。

しかしこの細胞の老化というのは防ぐことが出来、また逆に若返らせることも可能なのです。


STAGE 3: 免疫老化

細胞が老境段階に入ると、テロメアは非常に短くなります。 また、細胞は生きているにもかかわらず正常に機能しなくなり、加えて有害物質を排出するようになります。

細胞の老化は免疫システムの弱体化をまねき、これがウイルス等の有害物質に感染しやすくなりより一層の老化を産んでしまいます。

免疫システムは免疫細胞、免疫組織、様々な免疫物質からなり、同時に老化にも密接に関わっています。免疫細胞はTリンパ球、Bリンパ球、食細胞(マクロファージや顆粒球系細胞)その他様々な細胞から成り立っています。


STAGE 4: TA65は免疫システムを向上させる?

TA65MDは高度に精製されたアストラガルス・エクストラクトから製造されており、臨床実験によれば免疫システムを維持もしくは改善させることが可能です。

TA65MDは米国の食品の安全基準の一つであるGRAS (GENERALLY RECOGNIZED AS SAFE)という基準を満たし2007より生産され、カナダのヘルス・カナダからも承認されております。(NPN80092312)


TA65MDによる免疫システムの改善(臨床結果)


**Tリンパ球(T LYMPHOCYTES)とは: 免疫系の細胞の一種で、外界から侵入してきた異物や異質の細胞を攻撃したり他の免疫細胞(B細胞)を刺激し抗体生産を活性化させる働きを持ちます。また、異質な細胞に遭遇することで活性化し、細胞を攻撃する能力を獲得します。 ウイルスやガン細胞なども攻撃対象となります。細胞性免疫の中では最も重要な役割を持つと言えます。


24週後の結果ではこのTリンパ球が平均53%も増殖しております。


ナチュラルキラー細胞(NK細胞)とは:

体内の免疫機構にかかわるリンパ球の一種。 名の通り外界から侵入した異物である細菌やウイルス、ガン細胞等を直接攻撃し破壊する働きをしています。 白血球の一種。


12週後、ナチュラルキラー細胞が平均14%増加しております。 一方でプラセボグループ(偽薬)の方では、約10%の減少が見られます。



リファレンス:

* CYCLOASTRAGENOL: AN EXCITING NOVEL CANDIDATE FOR AGE‐ASSOCIATED DISEASES (REVIEW) EXPERIMENTAL AND THERAPEUTIC MEDICINE 16: 2175-2182, 2018 ** GRAS: GENERALLY RECOGNIZED AS SAFE CERTIFICATE APPROVED BY USA FDA BODIES FOR FOOD SUPPLEMENTS CONFIRMING THAT PRODUCT DOES NOT HAVE SIDE EFFECTS AND SAFE TO USE LONG TERM. *** HUMAN TRIALS, EXECUTIVE SUMMARY T.A. SCIENCES PIVOTAL 2005 ANTI-AGING TRIAL OF TA-65® APRIL 18,2007 JAMES M. BLUM, PH.D, LARRY MCCLEARY, M.D., MEDICAL DIRECTOR, AVAILABLE ON DEMAND


13回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

テロメアの短さと新型コロナでの重症化

スペインの医師たちでまとめられ 、aging-usという医学専門のウェブサイトに掲載されたテロメアと新型コロナの重篤化に関する記事をご紹介いたします。 短いテロメアはバイオロジカル年齢の高さを示すもので、やはり病気が重篤化することがデータとして裏付けされているようです。 しかし考え方を変えて、テロメアの長さを保ち健康な細胞分裂/免疫システムの維持が行われていれば、重篤化を防げるかもしれません。 本

テロメアと大脳皮質の関係! Cellular aging is linked to structural changes in the brain

今回は細胞の老化と脳組織の変化という記事についてご紹介いたします。 サイエンスデイリーという最新医学情報を簡単に説明しているサイトがあるのですが、そこで大脳皮質のテロメアに関係がある、もしくは関連性が見られるという記事がありました。 紹介されている臨床実験は、治験者のテロメアの長さと大脳皮質の厚さを数か月間隔で調べるというものです。 結論から言うと、テロメアの長さが短くなれば、大脳皮質も同様に薄く

お問い合わせ

ANTIAGINGCELL.NET

WISEMAN-CONWAY, LLC.

PO BOX 58079

SEATTLE, WA 98138

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​電話:425-435-3870 (米国)

wiseman@antiagingcell.net

 

© 2023 by PURE. Proudly created with Wix.com