検索
  • ANTIAGINGCELL.NET

テロメアと免疫システムの関係

最終更新: 2020年12月20日

テロメアの長さは細胞の寿命に密接に関係し、短いテロメアはその細胞の死もしくは老化を示すということはもうお分かりだと思います。


今回は免疫系細胞とテロメアの関係についてお知らせ致します。


免疫系細胞は、テロメアの長さに関して非常に敏感です。これは免疫の力がT細胞やB細胞の数と直接関係しているからです。また、免疫系の細胞は非常にユニークで、自身でテロメア伸長酵素のテロメラーゼを増加させ、テロメアの減少を防いだりします。

テロメアの長さについては、もともと持って生まれたものもあり個人差があります。 遺伝等によるテロメアの短さというのは、免疫細胞である、CD4+, CD8, Tリンパ球、Bリンパ球、モノサイト、ナチュラルキラー細胞などの数に表されています。


免疫老化は、抗原への露出や酸化ストレスにより引き起こされた免疫システムの変化によりもたらされます。 老化に伴い適応免疫力が落ちていくのですが、これはナイーブTやB細胞の減少、またTリンパ球やBリンパ球の絶対数の減少によるものです。 にもかかわらず、まあ 人間の免疫系のシステムというのは基本的によく保護されているものです。 

90歳や100歳代の方々の免疫システムは驚異的にうまくいっており、非常にシステマティックに機能しております。 



TA65MDは現状のテロメアの保持、または改善のお手伝いを致します。 商品は臨床実験により裏付けされており、医薬品レベルの品質を誇っております。

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

テロメアの短さと新型コロナでの重症化

スペインの医師たちでまとめられ 、aging-usという医学専門のウェブサイトに掲載されたテロメアと新型コロナの重篤化に関する記事をご紹介いたします。 短いテロメアはバイオロジカル年齢の高さを示すもので、やはり病気が重篤化することがデータとして裏付けされているようです。 しかし考え方を変えて、テロメアの長さを保ち健康な細胞分裂/免疫システムの維持が行われていれば、重篤化を防げるかもしれません。 本

テロメアと大脳皮質の関係! Cellular aging is linked to structural changes in the brain

今回は細胞の老化と脳組織の変化という記事についてご紹介いたします。 サイエンスデイリーという最新医学情報を簡単に説明しているサイトがあるのですが、そこで大脳皮質のテロメアに関係がある、もしくは関連性が見られるという記事がありました。 紹介されている臨床実験は、治験者のテロメアの長さと大脳皮質の厚さを数か月間隔で調べるというものです。 結論から言うと、テロメアの長さが短くなれば、大脳皮質も同様に薄く

お問い合わせ

ANTIAGINGCELL.NET

WISEMAN-CONWAY, LLC.

PO BOX 58079

SEATTLE, WA 98138

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​電話:425-435-3870 (米国)

wiseman@antiagingcell.net

 

© 2023 by PURE. Proudly created with Wix.com