検索
  • ANTIAGINGCELL.NET

テロメアとは

最終更新: 2020年12月20日

テロメアは人間の細胞の老化に関して非常に重要な役割を担っております。 下図にあるように螺旋状になったDNAの先端にあり、染色体を保護しております。

このテロメアの保護がなければ、DNAはダメージを負ってしまい、細胞は十分な役割が果せません。テロメアの保護の無い細胞はもはや分裂することが出来なくなり、細胞も老化するということになります。

DNAは人間のすべての細胞を形作る基礎になるものです。人間の細胞は細胞分裂により代謝しており、また定期的に分裂しております。テロメアは細胞分裂の度にほんの少しづつ短くなります。そしてある一定の長さ以下に短くなった時、細胞はもはや分裂出来なくなります。これが老化という訳です。テロメアは細胞の老化に関して非常に重要な役割をになっていると言えます。テロメアは年齢と共に短くなるだけではなく、ストレス、喫煙、肥満、運動不足、不健康な食生活等によっても短くなります。テロメア短小は細胞の老化に関する全ての面に関連しております。テロメアの長さは私たちの生物学的な若さを表していると言えるでしょう。

短いテロメアは成人病の原因とも言われております。

健康な食事、規則正しくストレスの無い生活を心がけるだけでもだいぶ変わってきますので、少しからでもいいので

実践していきましょう。



15回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

テロメアの短さと新型コロナでの重症化

スペインの医師たちでまとめられ 、aging-usという医学専門のウェブサイトに掲載されたテロメアと新型コロナの重篤化に関する記事をご紹介いたします。 短いテロメアはバイオロジカル年齢の高さを示すもので、やはり病気が重篤化することがデータとして裏付けされているようです。 しかし考え方を変えて、テロメアの長さを保ち健康な細胞分裂/免疫システムの維持が行われていれば、重篤化を防げるかもしれません。 本

テロメアと大脳皮質の関係! Cellular aging is linked to structural changes in the brain

今回は細胞の老化と脳組織の変化という記事についてご紹介いたします。 サイエンスデイリーという最新医学情報を簡単に説明しているサイトがあるのですが、そこで大脳皮質のテロメアに関係がある、もしくは関連性が見られるという記事がありました。 紹介されている臨床実験は、治験者のテロメアの長さと大脳皮質の厚さを数か月間隔で調べるというものです。 結論から言うと、テロメアの長さが短くなれば、大脳皮質も同様に薄く

お問い合わせ

ANTIAGINGCELL.NET

WISEMAN-CONWAY, LLC.

PO BOX 58079

SEATTLE, WA 98138

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​電話:425-435-3870 (米国)

wiseman@antiagingcell.net

 

© 2023 by PURE. Proudly created with Wix.com